無理しないお金の節約法|節約疲れを防ぐには使うことも大事

豚の貯金箱とお金

いろんな出費を抑えようと頑張ってみたり、お金を使うことをガマンしていると大変ですし、疲れちゃいますよね。

無理なく節約を続けるには

  • 固定費の見直しから手を付ける。
  • 自分のためにちゃんと使う機会を作る。

という2つのポイントさえ守っていればOKです。

1.固定費の見直しから手を付ける。

いちど見直すだけで節約効果が高い「固定費」をまずは節約しましょう。

パッと思いつく節約の代名詞「食費」。これは細かく気にしないといけないわりに効果が薄いです。

買った場所や時期によって価格が変わるように、自分でコントロールがしにくいというのが原因です。

何店舗もスーパーをハシゴしてもせいぜい300円安く買えたらいいほうですよね。「前の店の方が安かった!」なんてこともよくあります。

貴重な時間や体力を使っていると考えたときに「むしろマイナス」と思うほど。

細かいところは気にせず、まずは固定費をしっかり節約しましょう。

代表的な固定費といえば

  • 家賃
  • 通信費(携帯・インターネット)
  • 保険

などがあります。

ここで注目したいのは、「通信費」と「保険」です。

① 通信費を見直す

生活必需品といってもいいスマホ。

ガラケー時代に比べたら本当に料金が高く感じませんか?

月の携帯代は夫婦で15,000円、家族で20,000円といった話もよく聞きます。

私は夫婦でmineoに乗り換えたので、2人で月3,800円ほどになりました。

もし「携帯代高いよね」と感じているのであれば、

格安SIMに乗り換えるだけでかなり楽に節約できます。

この効果は結構すごくて、毎月10,000円(年間12万円)近くの節約につながります。

② 保険を見直す

人生で2番目に高い買い物が保険と言われています。(1番は家)

保険は「いざという時の保障」が目的のため、固定費のように簡単にいる・いらないの区別がしづらく、見直すという発想になりにくいです。

本来であればライフステージに応じて保証額もかわりますし、定期的に見直す必要があるんですね。

節約に疲れた時こそ保険を見直すチャンスです。

私の場合、掛け捨ての死亡保険は必要最低限(住宅ローン分)だけにして毎月5,000円を節約しました。

とはいえ、節約という面だけでは図れない部分もありますので、「自分に必要な保険はなにか」としっかりと見極めた上で見直しましょう。

【注意】食費と光熱費の節約はほどほどに

なぜこの2つは注意しないといけないかというと、あなたの生活に一番密接しているからです。

食費を削ると自然と炭水化物が主食になります。いつも同じものを食べて栄養バランスが崩れると、体調を崩してしまう可能性があります。

また、外食も控えたり、たくさんのガマンをしなければなりません。

光熱費も同じで、冬場に暖房もつけずに震えて過ごすような「生活しづらい環境」を作ってしまうと、当然ストレスにつながります。

飛び抜けて「ちょっと高いな」と思ったときだけ気にしてください。

2.自分のためにちゃんとお金を使う機会を作る

自分にとって「いいお金の使い方」を見定めてしっかり使うことも大事です。

節約ってガマンの連続だと思っていませんか?

確かに使わなければお金は残るので、ある意味間違っていません。

ただ、無理してガマンをする節約は当然疲れますし、本来は手段のはずの節約が目的になるということはちょっと違いますよね。

お金は自分の幸せを増やすための手段。

大きな目標も大事ですが、目の前の幸せにも目を向けてみましょう。

生活するうえで幸せを感じたりや楽しみを見つけたりすることは必要です。

趣味に使えば、普段の仕事からは学べないことを経験できたり、人生に活力を与えてくれます。

心が満たされることでストレスも溜まりにくく、無理をしない節約の環境づくりができます。

その時にしか使えないお金もある。

お金を使わないことによる機会損失ってあると思います。

お金を使うことでより効率のいい節約方法を学んだり、人との出会いや人生に有意義な体験ができたなど。その時にしか経験できないことがあります。

自己投資に必要だと思うなら思い切って使うのも手です。

おわりに

  • 固定費をの見直しから手を付ける。
  • 自分のためにちゃんと使う機会を作る。

節約は自分との戦いですよね。だからこそコントロールしやすい「固定費」を見直して、「ちゃんと使う」ことも意識しながらコツコツやってみてください。

メンタリストDaiGoさんの「好き」を「お金」に変える心理術48は一度読んで欲しいです。お金に対する向き合い方が学べます。