固定費の口座振替は損?|年間1万ポイント溜まるクレジットカード払いのコツとは

クレジットカードのアイキャッチ

この記事は「固定費のみをクレジットカード払いに変えてポイント分お得になろう」という内容です。

毎月口座から引き落しされる固定費に限っては、月々の金額に変動はあっても、決まって支払いが発生します。

水道を使わないから解約した、電気はいらないから解約した、とか基本的にありませんよね。

「固定費を口座振替で払い続ける」ということは、クレジットカード払いにするだけで得られるポイントを見逃しているといっても過言ではありません。

クレジットカードといえば「金銭感覚が無くなって使いすぎる」などのネガティブなイメージが強いですが、無駄なく正しく使えば、大きなメリットを受けることができます。

クレジットカードで払える固定費

数多くの固定費がクレジットカード払いに対応しています。

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 生命・医療保険料
  • 自動車保険料
  • NHK受信料
  • 携帯電話料金
  • 固定回線(+プロバイダ料金)

などが代表的な固定費です。

注意

・水道代はクレジットカード払いができない地域があります。

・生命保険料は年払いにするとクレジットカード払いができない場合もあります。

2人暮らしを想定して月の支払いをイメージしてシミュレーションしてみましょう。表にするとだいたいこんな感じでしょうか。

固定費金額
電気料金5000円
ガス料金5000円
水道料金2500円
生命・医療保険料14000円
自動車保険料4000円
NHK受信料2000円
携帯電話料金4000円
固定回線+プロバイダ料金5000円

合計 41500円 です。

携帯電話料金は「格安SIM」としたり、全体的に固定費を抑えている部分が多いので、実際はもう少し高いかもしれません。

それでも1年間の支払いは「41500円×12ヶ月=約50万円」になります。侮れない額です。

もしあなたが家族ぐらしでだとしましょう。光熱費なども増えて支出額が2倍程度あるとしたら、年間約100万円支払っていることになるんです。

なんとなく口座から引き落しされているお金も、足してみれば大きな買い物を毎月しているような額なんですね。

固定費だけをクレジットカードで支払うことで使いすぎを防ぐ

使いすぎを防ぐために、クレジットカードの支払いは「固定費だけ」を対象にしておくのがいいでしょう。

いくらポイントが溜まるといっても、無計画にクレジットカード払いを多用をしていると支出自体が増えて本末転倒になりかねませんからね。

絶対に使ってはいけないリボ払いの誘惑に負けるのもご法度です。

重要なのは「うっかり買いを抑えて、支払い額を変えずにポイントをもらう」ことです。

1%以上の還元率があるクレジットカードを使うのがオススメ。

代表的なのは年会費が無料の楽天カードです。

年間100万円の固定費を支払った場合、「1万円分の楽天ポイント」をもらうことができます。

たまった楽天ポイントは楽天市場で食品や生活用品を買ったり、街のお店でいえば、ビックカメラやマクドナルドなどでも使えます。

楽天は自社サービスが豊富で、楽天ポイントは使いみちが豊富です。

オススメを挙げると

  • 格安SIMの「楽天モバイル」に乗り換えてポイント支払いする。
  • 雑誌をよく読むなら「楽天マガジン」をポイント払いで使う。
  • ポイントを使って投資ができる「楽天証券」で資産運用する。

といったところでしょうか。

格安SIMや定額サービスは支出自体を減らす効果がありますし、資産運用はリスクがありますがポイント投資であれば口座からお金を出さずに運用益得られたりとメリットが大きいです。

僕の場合は、「楽天マガジン」をポイント払いにして実質無料で趣味の雑誌(CAPAとかMacfanなど)を読んでいます。

毎月買っていた雑誌を楽天マガジンで読むと、雑誌を買うためのお金(2000円ほど)も浮くんですね。

ポイント以上に浮いたお金も「家族や生活を豊かにしたり」や「自己投資」に使えます。

まとめ

 

  • 固定費は意外と大きな金額になる。
  • 支払い対象は固定費のみにして無駄づかいを防ぐ。
  • クレジットカードは還元率1%以上のものを使ってポイントを貯める。
  • 溜まったポイントでサービスを利用すればポイント以上のリターンもある。

固定費の支払い方法をクレジットカードに払いにすれば、放置しているだけでポイントが溜まるのが強みです。

意外と効果がありますので、よかったら試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)