WindowsにiCloud Driveを設定。ファイルの受け渡しをサクサクに。

こんばんは、エジサモです。

iCloudDrive、OneDrive、Googleドライブなど、各社が提供しているオンラインストレージサービス。

最近購入したSurface Pro(Windows)と、iPhone(iOS)やMac(MacOS)間で「ファイルのやりとりができたらなー」と思っていました。

ものすごい簡単でしたので、ご紹介します。

「手順」

  1. iCloud インストーラーをダウンロードしてインストール。
  2. iCloudDriveを設定し、使用開始。

スケッチ

まずはApple公式サイトからインストーラーをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを手順に従ってインストールします。

インストール完了後、Windowsボタンを押し、メニューよりiCloudDriveを選択。

スケッチ2

表示された画面で、iCloudDriveにチェックが入っていることを確認。

写真もチェックされていれば、iCloudフォトも同期対象になります。

スケッチ3

エクスプローラのフォルダにiCloudDriveがあり、ファイルにアクセスが可能です。

これでファイルの移動が楽々になりました。

写真の移動などもう少し使い込んだらまた記事にしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)