【サブ機】ASUSのChromebook Flip(C434TA-AI0095)を2ヶ月使った感想

クロームブックは「Chorome OS」を搭載したノートパソコン。

日本ではあまり馴染みのないOSなんですが、操作のシンプルさと価格の安さから、アメリカでは教育の場を中心にOSシェアの約3割をしめています。

ちなみに、使い方はとても限定されていて

  • Chromeブラウザでできること
  • Androidアプリ

くらいなので、パソコンの操作性をもつAndroidスマホのような感覚ですね。

https://ezisamo.com/wp-content/uploads/2019/02/ezisamo.jpg
エジサモ

不思議な使い心地♪

ちょうど買って2ヶ月になりましたので、感じたことを書いていきます。

Chromebook Flip C434TAの使い勝手について

クロームブックを使ってみて、便利だと思ったのは、新しいパソコンを買ったときの面倒な作業がほとんどないこと。

データのやりとりはGoogle Driveを経由するので、わざわざフラッシュメモリに書き出して移す必要もないのです。

初期設定もグーグルアカウントでログインして、画面の指示にしたがってポチポチボタンを押す程度でした。

入力端子

左側には、

  • USB-C(Gen1) ポート ×1
  • USB-A ポート ×1
  • イヤホンジャック
  • 音量調節ボタン
  • 電源ボタン

の順番に並んでいます。

USB-Aポートがあるので、愛用のトラックボール(Logicool M570)もすぐに使えました。

わざわざ変換コネクタを買ったりしなくてもいいです。

特に設定も必要なく、レシーバーを挿すだけでした。

右側には

  • USB-C(Gen1)ポート ×1
  • マイクロSDカードスロット ×1

があります。

USB-Cポートは左右にあるので、外部ディスプレイにつなぎながら充電もできます。

キーボード

ファンクションキーの位置には、「音量」や「輝度」などノートパソコンではおなじみのキーが並んでいます。

Windowsと違うのは、「戻る」・「進む」・「更新」もキー化されていること。

あと、Caps Lockキーが『検索』という有能キーに変わっています。

このキーを押せばChromeを開いて検索窓に飛ぶというアクションが必要なくなり、検索やアプリにすぐアクセス可能なスグレモノです。

ディスプレイ

13インチサイズのコンパクトさで14インチの大画面を持っているのはChromebook Flip C434ならでは。

横長だと横に並べても狭さを感じないので、調べものをしながら作業するときは便利です。

『タッチ操作』にも対応しているものの、グレア液晶のためそのまま使うと指紋や汚れが気になります。

そこで、フィルムを貼ってみたのですが、

  • 反射を防止できる
  • 指滑りがよくなる
  • キズが防げる
  • 汚れも落としやすくなる

と、利点しかありませんでした。

マウス操作

Androidアプリを使っていて、スクロールホイールを使って下方向に送る場合があるのですが、本来はまだ続きがあるのに止まってしまうのです。

対処法としては

  • 画面を指でスワイプする
  • トラックパッドを使う

ことですが、クリックとポインタの操作は問題ない分、早めに修正してほしいと感じました。

モバイルバッテリーによる充電

Anker PowerCore 20100を使って充電してみました。

使いながらであればバッテリー容量が増えるのは5分に1%ぐらいのペース。

MEMO
高速充電に対応していない場合、『低電力の充電器に接続されています』というメッセージがでます。

クロームブックのバッテリーを充電するなら、電源を落としてからの方がオススメです。

タブレットモードのスマホゲーム

14インチの大画面でやるスマホゲームは迫力が段違いです。

そのかわり本体も重く、背面にキーボードが来るため、手に持って遊ぶことはむずかしいですが、膝の上なら負担なくプレイできました。

クロームブックで使えるAndroidアプリ

ふだん愛用しているアプリが使えるのか試してみました。

Kindle【問題なく動作】

ページ送りは『タッチ操作』でも『方向キー』でもできます。

ただ、方向キーを使うと、文字が選択され背景が灰色になるので文字が見えにくくなってしまいました。

楽天マガジン【一部問題あり】

本はちゃんと読めますが、一覧表示の表示画像が遅いです。

しばらく放置してみても、ほとんどが表示されないままでした。

目的の本がすぐに分かりません。

ちなみに、マイページでは雑誌名が判別可能です。

文字で表示されているので画像がなくても大丈夫でした。

なので、雑誌は自宅であらかじめダウンロードしておく方がいいでしょう。

操作も確認してみたところ、

ページ送りは『タッチ操作』のみで、方向キーは反応せずといった結果になりました。

Amazon music【問題なく動作】

まえは再生しても音が出なくて使い物にならなかった・・・のですが、アップデートで改善されました。

ウィンドウモードだと落ちることがありましたが、全画面のままバックグラウンドに待機させておけば大丈夫です。

仮想デスクトップで画面を増やして、別画面に置けば他のアプリの邪魔になりません。

Amazon プライムビデオ【問題なく動作】

プライムビデオが観れるのはうれしい!

出張先のホテルで映画が見たくなったときも、わざわざ1000円のカードを買わなくて済みました。

ただ、外でストリーミング再生すると通信容量を無駄に消費してしまうので、あらかじめ本体か、SDカードさしてダウンロードをしておくのがいいですね。

クロームブックを買う前に知っておきたかったこと

機種ごとに自動更新ポリシー(更新期限)がある

クロームブックは本体ごとにOSの更新期限が設定されています。

クロームブックは安いものだと3万円以下で買えてしまうものもあります。

でもあまりに古い機種を買ってしまうと、

実は「あと1〜2年しか更新期限がない!」ということになりがち。

長く使いたい場合は、自動更新ポリシーを見ておきましょう。

クロームブックは海外製なので、海外で発売された日が基準になります。

日本で発売開始された日でもなければ、初期設定した日からでもないことに注意する必要があります。

Chromebook Flip C434TAで気になる点

それは、外観が『綺麗すぎる』という点。

「テントモード」や「タブレットモード」で使うのもクロームブックの醍醐味ですが、 傷がつくと目立ちそうです。

「多少の傷は覚悟しないと」思うほど慎重になってしまうんですよね。

おわりに: 使いづらい点も割り切ることで対処できる

パソコンが1台ならWindowsがいいと思いますが、サブ機として割り切れば独自の楽しみ方ができるのがクロームブック。

またひとつ面白いパソコンが増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)