Edgeブラウザーの新機能「垂直タブ」を使ってみた

Edgeブラウザーのバージョン89で「垂直タブ」機能が追加されました。

画面の上にズラッと並ぶのがお決まりだったタブが、ワンボタンでブックマークバーのように変化します。

これは良いなぁと思い、さっそく使ってみました。

エジサモ

新感覚!

クリックできる目次

垂直タブの感想

アイコン表字はスッキリして見やすい

アイコン表示は見た目が良いですね。上部に文字が固まっていたのが無くなり、画面がスッキリした印象を受けました。

使いはじめは「開いてるページが分からなくなりそう」と思ったのですが、Gmail、Youtube、Google Driveなどはアイコンだけで判別できます。

私はたくさんタブを開く使い方はしないので、すぐに慣れました。

タブ名を確認したい場合は、

  • アイコンにカーソルを持っていく

という動作が必要になります。

右配置も選べたら良いかも

今のところ、タブバーは左配置しかできないですが、右配置も選べれば便利だなと思いました。

キーボードがJIS配列の場合、ノートPCではディスプレイの中央から若干左に寄った配置になっています。

そのため、タブバーを右に配置できれば画面とキーボードの中心が近づき、見やすくなりますから。

ただ、目線の移動を考えると左も便利かなと思うこともあるので、この辺りは好みですかね。

おわりに

EdgeはChroniumベースで刷新されてから、勢いありますね。

拡張機能もChromeと同等に使えながら、垂直タブといった独自の機能も増えており、魅力的です。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

クリックできる目次
閉じる