2022年に購入したクルマ・バイクの感想

2022年は「クルマの買い替え」と「バイクの購入」をしましたので、その感想になります。

目次

ハスラーハイブリッドXターボ(MR52S)

デミオXDを下取りに出し、軽自動車にダウンサイジングしました。

2022年7月18日契約、2022年11月10日納車。

納期は約4ヶ月ほど。

Xターボは早い方でした。

ハスラーはワゴンタイプの軽なので室内に圧迫感がなく、フロントガラスの横方向の視界がとても広いため運転が楽になりました。

マツダ車に乗っていて地味に辛かったのが、Aピラーが寝過ぎていて交差点やカーブを曲がる時に対向車や歩行者がちょうど隠れてヒヤッとすることが多かったんですよね・・・。

私が購入したのはターボモデルということもあり、モーターアシストが入ると街乗りはもちろん高速巡行も軽とは思えない力強い走りをします。

ただ、エンジンが冷えている時やアクセルの踏み方を間違えると音だけ唸って進まないことがありますけど。

あと、背の高いクルマなのでロールは大きめに出るのですが、ボディがしっかりしているのでカーブが楽しいのは予想外でした。

超フロントヘビーなXDデミオからの乗り換えだったのもありますが、フロントがスッと入ってくれてカーブの曲がりに合わせてクルマが一体感を持ってゆったりながら素直な動きをしてくれるのが気持ちいいです。

ドリンクホルダーやテーブル、小物入れも多いので、車内でお弁当が気兼ねなく食べられるのも良いですね。

あと、ハスラーの一番良いところは何といっても見た目です。癒しの丸目。

最近のクルマはライトが細長で、イカつく無機質な顔が多いなか、まるでペットのように可愛いと思えるクルマです。

グロム(JC92)

何か新しいことをしようと思い立ち、小型自動二輪MTの免許を取りました。

人生初バイクということで軽くてMTなグロム。

フロントスクリーンや巨大リアボックスもつけてアドベンチャー風に。

でも、正直言うとあんまり乗っていないんですよ。半年で250kmぐらい・・・。

その理由を書くと、

  • 初めて公道を走った時、カーブ中の白線で滑り、ガードレールに突っ込みそうになったのがトラウマになっている。
  • たくさんのクルマ達に交じり、バイクで公道を走るのが思った以上に怖い。
  • 心配性な性格で重装備(プロテクター付きバイクウェアやフルフェイス)をえらんだ結果、乗るまでが手間に。
  • 1人で外出することがあまりなく、移動の足としてバイクを使う機会が少ない。
  • ギア抜け(1速・ニュートラル・2速でもないギアポジション「-」になる)が毎回起こるので焦ってストレスになる。

でも、グロムでクルマの少ない道路で風を感じながら走るのは気持ちいいので、バイクならではの楽しさは捨てがたいです。

少し暖かくなってきたらバイクと向き合う時間を増やして考えたいと思います。

終わりに

クルマは「軽自動車って良いんだな」と気付きました。

200万近くしたので値段も普通車並みですけどね。

「軽自動車はファーストカーにならない」ことは全くなく、室内の使い勝手は良いしターボ付きならエコ運転メインの私にとって十分でした。

とはいえ、普通車に比べて弱い部分もあります。

ステアリングヒーターやブラインドスポットモニターと言った快適・安全装備が無くなり、ガソリンタンクが27リットルで長距離が走りにくかったりします。これらはまぁ少し手間が増えたりで、1ヶ月もしたら慣れるので気にならなくなりました。

バイクは、Youtubeを見るとみんな楽しそうだし、いいなって思いますよね。

でも、実際に公道を走ると無理な追い越しされることもしばしば。安全面や快適性まで考えると「人によって合う合わないが激しい乗り物」だと感じました。

ドライブが趣味だったり、周りに一緒に走る人が居たりすると本当に楽しいんでしょうね。

とはいえ、バイクを購入したことは良かったと思っています。

メカメカしい見た目はクルマにはない魅力ですし、グロムを眺めながらお酒が飲めるぐらい本当に気に入っています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次