メニュー

Radeonグラフィックボードを低電圧化してゲーム中の消費電力を減らす方法

2020 6/20
Radeonグラフィックボードを低電圧化してゲーム中の消費電力を減らす方法

Radeonグラフィックボードのオーバークロックモデルは消費電力が高いのが難点。

しかし、低電圧化をすれば性能を落とさず消費電力を30Wほど下げることができます。

やり方は簡単で「Radeon ソフトウェアのチューニング設定から電圧を変える」だけ。

  • ファンスピードが落ちて静音化できる
  • 負荷を下げる方向なので低リスク

といった特徴もあります。

ちなみに、オーバークロックと同様に低電圧化も「メーカー保証対象外」の行為になります。

クリックできる目次

Radeon ソフトウェアの電圧設定方法(ver20.4.2)

  1. 一番上のタブで「パフォーマンス」をえらびます。
  2. その下のタブで「チューニング」をえらびます。
  3. チューニングコントロールを「手動」に変えます。
  4. GPUチューニングを「有効」にし、高度な制御も「有効」にします。
  5. 電圧(mv)を「手動」に変えます。

これで電圧(mV)を自由に変えれる状態になりました。周波数(クロック)に応じて7段階の設定ができます。

ゲーム時の消費電力を落としたいので、高負荷の領域になる「状態3~7」の電圧を変えましょう。

ダイアルのようなマークをドラッグして回すか、値のところをクリックして数字を打ち込みます。

基準値より-100mVが安定してオススメです。

  • 状態3: 1087 → 987
  • 状態4: 1168 → 1068
  • 状態5: 1150 → 1050
  • 状態6: 1150 → 1050
  • 状態7: 1150 → 1050

電圧を下げすぎた場合、ゲームのプレイ中にグラフィックのエラーが出て落ちます。

私の場合だと、-150mVにすると100%エラーが出るので、ゲームは起動できても続けられない状態になりました。

ゲーム中の消費電力の差

「モンスターハンターワールド アイスボーン」を起動させて検証しました。

拠点から大型モンスターとの戦闘中まで、フレームレートを維持しつつ20~30Wほど消費電力が少なくなりました。

低電圧化する前の消費電力(142W)

低電圧化した後の消費電力(116W)

終わりに:ゲームをするなら低電圧化をやって損はない

低電圧化はデメリットがほとんどないので、やっておきたいことの1つです。

もっと省電力を求めてギリギリまで攻めることもできますが、ゲームが落ちたり不安定になっては意味がないので、ある程度マージンを取っておくといいですよ。

クリックできる目次
閉じる