賃貸から戸建へ引越した場合、光熱費はどのくらい上がる?

SUPER EUROBEAT (1)

持ち家だと光熱費は確実に上がるんですが、家を買う前はどれぐらい上がるかよくわからなかったです。「節約根性で乗り切ろう!」と意気込んでいたものの・・・非常にきびしい!

具体的にどういったところが上がるのかご紹介したいと思います。

電気代は「24時間換気」と「大型エアコン」で上がった。

24時間換気はずっと換気扇回してるので電気代かかります。
電気代は1ヶ月「約600円」(22.32kW/h)です。

(機械の消費電力30W/h、1ヶ月が31日、1kW/hの単価27円で計算)

賃貸アパートのときはそもそも換気システムはついていませんでした。

ただ、換気しなさすぎてチャタテムシ湧いたときは換気の重要さに気づいたもんですよ。

平屋については「冬だろうが換気を止めることは推奨されていない」ので毎月これだけの電気代が必要になるイメージです。

20畳用エアコン(200V)は電気をバカ食いします。冬場の暖房なんて立ち上げ1時間で2kW近く食うとはね・・・省エネモデルだからといって特別安いわけでもない。
大きさに応じて食うもんは食う。

過ごす部屋が3倍ならエアコンの電気代も3倍」とイメージしてください。
さらに!24時間換気が動いていれば当然冷房・暖房中も換気されていくのでエアコンも頑張る頻度が多くなり、より電気を必要とします。

水道代は「下水道料金」が加算されて上がった。

賃貸アパートは基本的に水道料金だけですが、持ち家は「水道料金+下水道料金」になります。
地域によって異なりますが、単純に2倍(2ヶ月2000円→4000円)になりました。

ガス代は「お風呂」の頻度が増えて上がった。

ウチは「給湯だけガス」という特殊な使い方をしています。
直結するのが風呂・流し台・洗面所しかなく、一番影響あるのが沢山お湯を使う風呂です。
「入る回数が増えた分ガス代も増えている」感じですかね。

ただ、プロパンガス→都市ガスになったためトータルでは3分の2になりました。
(エコジョーズでの結果)

まとめ

  • 24時間換気と広い部屋の大型エアコンで電気代が増える。
  • 水道代は水道料金+下水道料金になることを覚えておく。
  • ガス代は風呂に入る回数が影響する。

 

ウチは平均すると月+1500円程度で収まっていますが、年間20000円と考えるとなかなかですよね。「持ち家(戸建て)は光熱費も上がる」こともぜひ覚えておいてください!

関連 : 【経験】北道路の住宅地に「平屋」の新築を考えるとき。知っておいてほしいこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)