ニトリのパソコンデスク「プレフェ」レビュー|高さ調節もできてコスパ抜群

デスクとパソコン

「安くて広いパソコンデスクが欲しい。できれば机の高さも調節したいな」という願いをかなえてくれたのがニトリのパソコンデスク「プレフェ」でした。

ニトリにはたくさんのデスクがありますが、中でもプレフェだけ売り方がちょっと変わっています。

「天板」と「脚」を別々にえらんで組み合わせるというあまり見かけないスタイル。

そのおかげで、お部屋にあわせたちょうどいい大きさのパソコンデスクを作ることができるんです。

今回購入した組み合わせはこちら。

  • 天板 : 平型タイプ(140cm)✕1つ
  • 脚 : T字型タイプ(高さ調節可能)✕ 2つ
エジサモ
おこづかいの範囲で買えました♪

横幅140cm天板ならではの広いワークスペース

ノートパソコンやタブレットを一緒に開いてデュアルディスプレイで使えます、手帳やノートを使って書きものすることもできます。

モニタを置くとどうしてもデスク上のスペースが限られてしまうのですが、横幅があると平行していくつかの作業をやりたいときに、スペースの狭さに悩む必要がないのがうれしいです。

あと、椅子を2つ並べておけば、2人が横に並んでそれぞれ作業することもできます。

厚みがあってしっかりしている天板

厚みは3cmあり、思った以上にガッシリした作りになっています。

天板は「合成樹脂化粧繊維板」。

繊維板のうえに合成樹脂加工シートを貼られているものです。

質感はそこまで高くありませんので、値段なりと割り切る必要があります。

ただ、ガラス天板やプラスチック天板のデスクよりは圧倒的に冬でも冷たさを感じにくいです。

天板はどれがオススメ?

  • ベーシックな横長の「平型タイプ」
  • より広いスペースが確保できる「L型タイプ」

値段と大きさのバランスが取れた「平型タイプ(140cm)」を選んでおけばいいでしょう。

部屋に余裕があるなら机の上が広くて困ることは無いと思います。

色は「ホワイト」「ライトブラウン」「ミドルブラウン」「ブラック」の4種類です。

横幅はこのようになります。

  • 「平型タイプ」の横幅は100cm、118cm、140cm。
  • 「L型タイプ」の横幅は140cm。

選んで正解だった高さ調節機能のついた脚

この価格帯で買えるパソコンデスクは、高さ調整ができないものが大半です。

僕の場合ですが、肩こりがひどいということもあって、高さ調節機能は必須でした。

調整用のネジ穴は3cm間隔で設けられています。

T字型タイプの場合、下から4番目の穴で固定すると高さは「71cm」になります。

この高さは「身長170cmの男性が書き仕事をする」のに適しており、キーボードを使うなら、もっと低めに合わせる必要があるんですね。

1段下げた「下から3番目」を基本に調整するのが良いです。タイピングのとき肩が上がるのを防ぐことができて、肩こりが悪化しにくい高さに調整できました。

身長とパソコンデスクの高さはこちらのサイトが参考になります。

参考 机の高さと椅子の座面の高さの関連性bauhutte

高さ調整ができる脚は2種類だけ

高さ調整ができるのは「伸縮タイプ」と「T字型タイプ」の2つです。

バリエーションは6種類ありますが、実質この2択といってもいいかもしれません。

注意
固定はネジで行います。いちど机を倒してから調整する必要はあります。

ダンボールから出して10分で組み立てができる

組み立ては3ステップで終了です。

  • 天板を裏返して床におく。
  • 天板の裏に穴があるので、脚をネジ止めする。
  • (高さ調節可能な脚であれば)高さを決めてネジ止めする。

すばやく行えば10分ほどで終わります。添付部品は「ネジ」と「六角」です。

天板うらのネジ穴をあわせるときだけ、説明書をみました。ほかは説明書もいらないほどかんたんです。

床にふれるところはプラスチックなので、フローリングを傷めないために100均で買った傷防止マットをつけました。

おわりに

「安いしちょっと試してみよう」という気持ちで買ったのですが、手軽に広い机が手に入って満足です。

高さ調整もできる

ニトリのプレフェはパソコンデスクにうってつけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)