メニュー

グレゴリー スケッチ8 レビュー|iPadの持ち運びも楽々な小型スリングバッグ

スマホにiPadさらにはモバイルバッテリー、便利なデジタル機器はますます増えていきます。

持ち歩く物が多くなれば当然バッグは重くなり、小さめのショルダーバッグではいくつかの悩みが出てきました。

  • 長時間歩くとカバンの重さに疲れる
  • ショルダーベルトが肩に食い込んで痛い
  • 出かけた瞬間からほぼカバンがMAX

でもあまり大きいバッグすぎると動きづらくなってしまうし、

  • サイズは大きすぎず小さすぎず
  • 背負って楽

という2つのポイントは絶対に外せませんでした。

この条件にピッタリで、即購入を決めたのが『グレゴリー スケッチ8』です。

目次

グレゴリー スケッチ8の外観

バッグの大きさは縦37cm。

背中からはみ出すこともない、ほどよいサイズ感となっています。

ショルダーベルトは左右対称のデザインです。

利き腕や気分にあわせて「右掛け・左掛け」どちらにも変えることができます。

背中に当たる部分はメッシュで、背負ったときの感触がやわらかく、蒸れ対策がされています。

グレゴリー スケッチ8の収納力

トップアクセサリーポケット

カバンを手前に回して取り出しやすい位置についているポケット。

こぶし1個強の広さがあり、スマホやコンデジ、カード入れなど、比較的サッと取り出したいものを入れておける部分ですね。

中にはフックも付いているため、定期カバーの端や小さな財布の落下防止にも役立ちます。

メインポケット

メインにはモバイルバッテリー、USBケーブル、長財布を入れても十分なスペースがあります。

  • タブレット入れ
  • カード入れ
  • ペン入れ

3種類のポケットも備わっているので、筆記用具や小物が混ざらないように区分けできます。

タブレット入れ

iPad mini 4にBelkinキーボードケースを付けて入れてみましたが、ぜんぜん余裕があります。

端はゴムになって伸びるので、多少大きめのもの収納可能。

カバーを付けた「iPad Pro(11インチ)」はギリギリ入りました。

しかし、他の荷物は入れづらくなってしまうので、タブレットを持ち運ぶなら9〜10インチモデルまでが良いです。

カード入れ

定期券などのカード型の荷物や小物を入れておけます。

収納口はマジックテープ付きなので、貴重品はここに。

ただ、取り出しに一手間増える場所なので、頻繁に取り出さない物を入れておくのがオススメです。

ペン入れ

ペン入れスペースは左右にあり、深さもあるのでApple Pencilもすっぽり収まりました。

最大2本収納可能です。

ショルダーベルトポケット

スマホをズボンのポケットに入れたまま歩いていると「邪魔だな」と感じることがよくあります。

そんなときに使えるのが、ショルダーベルトポケット。

収めてみたのは、Zenfone3。(高さ146.8mm ×幅73.9mm ×厚み7.69 mm)

※ スマホカバーは外しています。

ギリギリですが収まりました。

高さはマジックテープの止め方である程度調整がききます。

横幅はもう少し狭いスマホ(70mmぐらい)なら良い感じです。

グレゴリー スケッチ8の気に入った点

ショルダーベルトの作り

ショルダーベルトは広めにとられており、背面と同じやわらかなフィット感で肩の重さを分散してくれます。

1日で2万歩ほど歩いてみたのですが、細いショルダーベルトのカバンと比べたら食い込む感じがなくて楽ですね。

肩の痛みもほとんどありませんでした。

また、ショルダーベルトは常に体に密着する部分なので暑くなるとムレてきますが、裏側がメッシュパッドなので乾きも早いです。

雨に強いファスナー

ファスナーも止水仕様でバッチリでした。

出先で雨が降った時にファスナーから水が入ってくることが多いので、助かります。

開閉もスムーズに行えました。

グレゴリー スケッチ8の気になる点

ホコリが表皮の繊維にひっつきやすい

使っているといつの間にか糸のような白いホコリが無数に付くので気になります。

なんでつくのかと思っていたら、「服の繊維」でした。

歩いているとバッグが揺れて、バッグのザラザラしている表面素材に触れた時に絡め取っているようです。

ホコリが気になるようであれば帰ったあとに掃除機で軽く吸えば取れます。

しかし、使っているうちに強で吸っても取れないホコリもでてくるのですが、セロテープを使ってば簡単に取れます。

おわりに

グレゴリー スケッチ8にしてからは、普段の外出も日帰り旅行も、快適に出かけられるようになりました。

iPadやモバイルバッテリーとあわせて最小限の荷物を持ち歩くにはちょうどいいバッグです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる