CPUを使いすぎて重いタスク「SysMain」停止させる方法

SysMainはよく使うアプリをメモリにあらかじめ読み込んでおき、起動をスムーズにする機能です。

ただ、CPUの使用率が高くて困ることがあるんですよね。

私のSurface Proでも10%~高いときには20%ほど使う時もあり、「ちょっと重いな」と感じることが多くなってきました。

もともとメモリとHDDのような大きな速度差がある場合にうれしい機能ですが、SSD搭載パソコンなら読み込み時間は早く困る事がありません。

なので、あまりにも重い場合にはSysMain自体を止めてしまいましょう

ベアーのアイコン画像ベアー

CPUを使わなくなる分、バッテリー持ちも良くなるよ

クリックできる目次

SysMainの止め方

STEP
サービスを開く

Windowsボタンを押し、「サービス」と打ち込んで選択します。

STEP
SysMainを選択

サービス(ローカル)の中から「SysMain」を選択します。

STEP
スタートアップを停止する

スタートアップの種類を「無効」にして、適用します。

その後、パソコンを再起動します。

「サービスの状態:停止は一時的なものです。スタートアップから無効にしましょう。

SysMainはいつでも再開できる

もし、SysMainを停止して気になることがあれば、スタートアップの種類を「無効→自動」に戻すことで簡単に再開もできます。

気軽にできるレベルですので、ぜひ試してみてください。

クリックできる目次
閉じる