メニュー

DC-G100 + LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7

大きいカメラを買っては持ち歩かなくなるを繰り返していたので、思い切って小さいカメラに買い替えてみました。

購入したのはVLOG向きながら写真も意外といけるという、パナソニックの DC-G100 です。

このカメラ、電子ビューファインダー付きのカメラでは最軽量で「345g」という軽さ。レンズをつけても持ち運びが楽というメリットがあります。

レンズは軽さ+写りを重視して、LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 をセットしました。

目次

外観を見ていく

パッと見ての質感は高いです。プラスチックボディだから安っぽいみたいな感じはありませんでした。

グリップは小さいのですが前面に中指が引っかかるくぼみがありました。指を回せば思いのほかしっかり握れます。

いくら軽くても握りにくくてブレ写真を量産するのは嫌なので、購入の決め手になった点です。

電子ビューファインダーはメガネをかけていても覗きやすいので使いやすいです。

ただ、色味は調整しても見たままの色は出ません。

私は有機ELのファインダーを持つX-S10からの乗り換えでしたので、色だけは違和感が凄かったです・・・。

しかし、背面液晶は184万ドットと他機種に比べて高画質化だし色も問題ありません。

DC-G100のメインはVLOG(動画)なので、背面液晶がメインということでしょう。

コンパクトな単焦点レンズと組み合わせた姿は、どこかクラシックな感じもあって気分が上がります。

動画ボタンの赤も良い味出しています。

DC-G100で撮った写真

手ブレ補正はないですが、室内でも光さえあればすごくキレイに撮ることができます。

少し絞ってあげると、ピントの合うところはすごくシャープでキリッとした写りになりました。

ちょっと渋い写真を撮りたい時は、フォトモードの「Lモノクローム」を使うのが良かったです。

ただ白黒にしただけじゃない、被写体がもつ味の残った写真が撮れました。

おわりに

カメラはどんなに良いものでも持ち歩かないと意味がありません。

DC-G100に変えてから、バッグの中にはいつもこのカメラを入れて出かけています。

カメラ雑誌なんか見ているとついつい「画質!解像感!」となって重いカメラに意識が行きますが、スナップ写真がメインの私にはこのくらい身軽な方が合っていたみたいです。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 私もDC-G100のユーザです。
    今は付属のズームレンズの他は14mmF1.4を持っていますが、軽さ、小ささを考えていずれ15mmF1.7も買おうと考えています。
    他には45mmF2.8ですね。
    よろしくです

    • > いしいさん

      コメントありがとうございます。
      DC-G100を使われているんですね。良いレンズも沢山お持ちで羨ましいです。
      こちらこそよろしくお願いします。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる